人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

ジュエリーの総合情報サイト

2016.5.1

ハワイアンジュエリー

喜ばれるハワイアンジュエリーの贈り方を教えます。

喜ばれるハワイアンジュエリーの贈り方とはハワイアンジュエリーに秘められている本当の意味を知り、あなたの暖かい思いをジュエリーと共に大切な人に伝えてみてはどうでしょうか。

ハワイアンバングル

ハワイアンジュエリーとは?

ハワイアンジュエリーとは、古くはポリネシア文化圏に伝えらえている自然モチーフの模様が彫り込まれているジュエリーがハワイアンジュエリーと言われています。

 

もともと、ハワイの人達はタヒチなどのポリネシア文化圏から船を使って渡ったとされています。ネイティブハワイアン達のルーツはポリネシアから移住してきた人達なのです。

 

ハワイアンジュエリーの模様のルーツとは?

ポリネシアを含む環太平洋文化圏にはトライバル模様を含む様々な刺青のルーツがあるのをご存知でしょうか?刺青というと日本では反社会的な人達のイメージがあるという人もいるかもしれません。

 

確かに日本では明治時代まで刑罰の一つとして「島流し」というものがあり、島に送られた罪人が勝手に戻ってきた時に判別が付くように刺青を入れられていた時期があったそうです。そのような理由から日本ではそのようなイメージが付いてしまったのかもしれません。

 

しかし、日本でも北海道のアイヌ民族や沖縄の八重山諸島などには今でも深い意味がある刺青の文化が残っています。

sea

世界三大宗教はキリスト教・イスラム教・仏教ですが。環太平洋文化圏の多くの民族の宗教観を知っていますか?

日本を含む環太平洋文化圏の多くは“神道(しんとう)”と言われる宗教観がある事をご存知でしょうか?神道とは雨の神様、風の神様、海の神様、太陽の神様など八百万(やおよろず)の神様がいる宗教とされています。

 

この考え方の根本にある事は、自然に私達人間は生かされている。だから自然に感謝する気持ちを常に持っていましょう。という考え方なのです。

 

また、ポリネシアの多くの部族にとっての刺青とは、家族や仲間のトレードマークとしての考え方も強く、家族意識や仲間意識を強く持ち、助け合う事を目的として発展してきたとも言われています。

 

家族や大切な人達と助けあい、大切な自然を守っていく。そんなシンプルな事を忘れないようにする為にペトログリフなど言葉がない時代にも多くの模様が現在にも伝えられていったのです。

 

未来へ大切な事を伝え残して行く為にハワイアンジュエリーに彫り込まれている模様も発達していったのです。

 

ハワイアンジュエリーの模様には主に2つの意味があるのです。

 

☆家族や大切な人を守り続けるという意味。

☆自然を大切にしなくてはいけない。という意味。

 

ハワイアンジュエリーは夏のジュエリーと勘違いしてしまっている人もいるかもしれませんが、冬も春も大切な人を守っていくという誓いは持っているはずです。また、自然は季節を問わず大切にしていかなくてはいけないのです。

 

このように本当のハワイアンジュエリーの意味を知ると、もっとあなたの気持ちを大切な人に伝える事が出来るはずです。

3

喜ばれるハワイアンジュエリー販売しています。ハワイアンジュエリーのプアアリ