ジュエリータウンはジュエリーを楽しむ人達の為の様々な情報を掲載しているWebサイトです。

ログイン

JEWELRY TOWN

2017.08.17

手作りジュエリーNEWS

心ときめく☆アンティーク風ジュエリーの作り方の秘密

どの世代にも、どのジャンルにも必ずと言って良いほど

人気度の高い「アンティークテイスト

 

特にインテリアでは「シャビーシック」「男前インテリア」「ヴィンテージ」など、

色んな呼び方があるけど、なんとなく全体的にイメージするのは

「こげ茶の使い古した古木」「黒いアイアン」「使い込まれたレザー」などをイメージすると思います。

 


出典元 TRUCK FURNITURE  https://truck-furniture.co.jp/




アンティーク風ジュエリーってみんなどんなイメージ?


 

ジュエリーでのアンティークテイストとは?

 

アンティークというと、エメラルドやサファイヤの大きな石が入ったジュエリーを連想しますが、

今の女性が欲しいと思うのは、本物のアンティークジュエリーというより「アンティークの雰囲気を纏った」ジュエリーの事だと思います。

 

「アンティークの雰囲気を纏った」とはどんなものか?

 

「あまりギラギラと輝きすぎていない」

「新しいのにどこか懐かしい」

「ぬくもりを感じる質感で、完璧ではない「いびつさ」を残している」

「すっと肌に馴染んでいく」

「繊細でさりげない装飾が施されている」

 

そんなジュエリーたちが現代での「アンティークテイスト」を連想させるのではないでしょうか。

 

言葉で全て説明するのはなかなか難しいため、

アンティークテイストで人気のブランドの写真をまとめさせていただきました。

 

noguchi bijoux (ノグチ ビジュー)




出典元 noguchi bijoux紹介サイト「iroma」 http://www.iroma.jp/fs/iroma/c/bl-n-noguchi


Agate(アガット)




出典元 agate   http://www.agete.com/


SHIENA(シエナ)




出典元 SHIENA  http://siena-official.com/

 

 

mederu jewelry(メデルジュエリー)




出典元 mederu jewelry  http://www.mederu-jewelry.co.jp/c/brandtop.php

 

アンティークの共通ワードは「ぬくもり」を感じるジュエリー


 

現代でアンティーク風ジュエリーをイメージすると、作り手の手仕事を感じられて温かみのあるものなのかもしれません。

新しいのに、どこか懐かしい。大切にし続けている「愛用品」らしさを感じることがアンティークらしさの特徴のようです。

 

 

アンティーク風テイストで共通している制作手法


 

手作りで作られているジュエリーたち。

特に華奢で繊細、少し素朴でいびつさの表情を持っているジュエリーの多くは、とある手法で制作されています。

 

それは、「ロストワックス製法」

 

もともと、ロウソクのような素材から形を削りだしたり、はんだごてのような熱を帯びたペン先で溶かして溶接したりして思い描いたデザインを形にした原型を作ります。

 

その原型の型取りをし、取った型の空洞の中に溶けた金属を流し込む鋳造という過程を経てゴールドやプラチナなどの金属となり、

また人の手によって磨きや石留めを施されてジュエリーとなるのです。

 



 

「好きを形にする」


ジュエリーが好き。特にアンティーク風が好き。何かを作ることが好き。

そんな方へ

アンティーク風のジュエリーの作り方に特化したスクールがあるのをご存知でしょうか?

 



出典元 LaVagueジュエリースクール  https://www.lavaguejewelry.com/

 

 

恵比寿にある【LaVagueジュエリースクール(ラヴァーグ)】

こちらに2017年3月から新しく「アンティークジュエリーコース」が設立されました。

 

このコースでは、現代のアンティーク風ジュエリーの作り方や特徴の技法を学べるコースで

先ほどご紹介した「ロストワックス製法」を使用していき、

誰でも簡単にアンティーク風の作品を制作することが出来るようになるそうです。

 

大きな器具を必要としない「ロストワックス製法」では、技術を学んだ後は自宅で制作し続けることが出来るのが嬉しいところ。

 



出典元 Chordal Harmony  https://www.chordalharmony.com/

 

 

また、こちらのスクールではブランディングのノウハウを学べる「アントレプレナーコース」があり、

ジュエリーブランドを立ち上げるにあたりスタートアップで必要なオリジナルロゴ・名刺・ショップカード・WEBサイトを作成することが出来るのと、

HPを作るにあたって必要な「ジュエリーの写真の撮り方・雰囲気を作って写真を撮る方法」や「画像処理」を学ぶことと

ブランディングにおいて必要な知識や「気を付けるべきポイント」・

初めてブランドを立ち上げる人がやってはいけない事」を教えてくれる講習が含まれています。

 

 

アンティーク風のテイストで自分のブランドを立ち上げたいと考えている方にはこのアントレプレナーコースはセットで受講したい、気になる存在だと思います。

どうやら、このブランディングのコースは何か制作技法を学べるコースと一緒に同時受講すると、半額になるそうですよ…!

 

詳しくはこちらから→「LaVague ジュエリースクール アンティークジュエリーコース」

 

毎週水曜日が休校日ですが、それ以外は毎日開講しているそうなので、一日体験や見学会に申し込んでみるのもいいですね!