人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

ジュエリーを贈るならネックレスがいい! 理由とおすすめブランドまとめ

jeweltownjeweltown

2017.1.14

ネックレスか指輪をプレゼントとして贈りたい。そうお悩みの方には、ネックレスを選ぶのをおすすめします。その理由を歴史的な観点から紐解きつつ、おすすめのブランドも幅広くご紹介します。

大切な人へのプレゼントとして選ばれることが多いネックレス。素敵な意味を持つジュエリーだと知っていますか。ネックレスを贈る意味についてご紹介します。


■ネックレスは昔、お守りだった?

 

昔の人々は首にさまざまなモノをぶら下げていました。それはお守り代わりに、または自分の強さを表現するアイテムとして、現代のネックレスとは異なる意味を持って機能していたのです。

例えば、狩猟民族が多い時代には、倒した獲物の大きさを誇るために、獲物の爪や牙を首からネックレスにしてぶら下げる文化がありました。大きな動物を倒せる強い男に地位や名誉を与えていたのです。

ジュエリーは体を守るための武具として生まれたという説もあります。剣や矢を防ぐために金属をまとい、戦いに出ていたという史実は、エジプト文明など世界各地にも残っています。

強い裕福な武人たちは、自分たちの武具にお金をかけ、煌びやかに装飾していました。このことは、時代と共に金属加工の技術が上がっていった歴史を象徴しているといえます。

 

■ジュエリーは武具から財産へと変わっていった

 

人は裕福に、そして豊かになると、煌びやかなモノや豪華なモノ、光るモノ、希少性が高いモノをこぞって追い求め始めました。それらを所有することは力の象徴でもあったのです。

その過程で金細工や銀細工など、さまざまな宝石がちりばめられたジュエリーが生まれました。ジュエリーの価値はそこに留められている宝石や細工によって、国や地域、時代を超えて認めてもらえる普遍的な価値がありました。

中世ヨーロッパや始皇帝が生まれる前の中国などでは、国が戦いに敗れ滅びてしまうと貨幣制度をひっくりかえされ、大切に貯めていた紙幣などはただの紙くずになってしまうことは日常茶飯事でした。

そこで、不変の価値を持つネックレスや指輪などが、貨幣に代わる持ち運べる財産として、世界各地で増えていったと言われています。たとえば、日本の1万円札は10億円分となると100kgにもなります。これは持って逃げ回れる重さではないですよね。

そのため、多くの貴族は自分たちの財産をいつも身につけられるネックレスや指輪に変えていったのです。財産を子どもたちに受け継いでいくためにも、お金ではなくジュエリーで受け継いでいく方が効率的だったのです。

つまり、ジュエリーを贈るという行為には、自分たちのすべてを渡す意味もあるということ。結婚などのライフイベントでも、ネックレスや指輪を大切な人に贈ることが世界中でひとつの文化として浸透しています。

ネックレス 意味

 

■ネックレスならいつまでも身につけられる

 

いよいよ本題です。

指輪ではなく、ネックレスを贈る一番の理由は、指輪と違ってネックレスにはサイズがないから。体型が変わったとしても、ずっと身につけられるのは大きなメリットです。大切な人にいつまでも身につけてもらいたいなら、ネックレスは形状的に最適だといえます。

ネックレスを贈る際は、必ずしも高額なものを選ぶ必要はありません。そのときどきで、自分が大切に積み重ねてきたものの一部を贈る——それで十分です。ある高校生の男の子が一生懸命アルバイトして貯めたお小遣いで、彼女に初めてプレゼントする。そんなときにもネックレスはおすすめです。

また、指輪と違ってネックレスはこっそり身につけることもできます。パリッとしたスーツを着て、白いワイシャツの下に贈られたネックレスを身につけることも可能。ビジネスシーンでつけられるのも、ネックレスがプレゼントとして選ばれる理由のひとつでしょう。

 

喜ばれるネックレスの選び方

 

では、大事な人にどんなネックレスを贈ると喜んでもらえるのか、ふたつのポイントをお伝えします。

 

・ゴールドやプラチナのネックレス

ゴールドやプラチナの特徴は何年経っても変化しづらい金属であること。水に濡れても紫外線にあたっても錆びません。エジプトのツタンカーメンの棺が金で作られていたのは、「変化せず蘇ってくる」と信じられていたからです。

資産価値の高さもゴールドやプラチナの魅力のひとつ。本当に困ったときには売ることもできるのが貴金属の特徴です。大切な財産を大切な人に分け与える——そんな意味からも、もし予算が許すのであれば、ゴールドやプラチナのネックレスを選ぶのをおすすめします。

・「意味」があるネックレス

彫り込まれている模様やモチーフに意味がある、ハワイアンジュエリーのネックレスは贈り物として高い人気があります。

例えば、ハワイに生息している「マイレ」という植物の葉の模様には、「ふたりで一緒に成長していく」という意味があります。葉が2枚ずつ連なって伸びていくマイレの生育の仕方にもとづいているのです。

「釣り針」のモチーフは、海で漁をする人たちが命を落とさないように、との思いを込めて贈られることがあります。無事に漁を終えて家族のところへ帰ってくるように、危険な目に遭ったときに、釣り針にひっかかって命を落とさないで済むように、という意味があるのです。ハワイアンジュエリーの釣り針の先が心臓側に向けたデザインで作られているのには、そんな理由があります。

 

もっと詳しく知りたい方はここをクリック!。ハワイアンジュエリーのネックレスを詳しく知りたい人はここをクリック!

ハワイアンジュエリー ネックレス

 

■素敵なネックレスを買えるブランドまとめ

 

最後に、ネックレスを選ぶときにチェックしたい、おすすめのブランドをご紹介します。

 

◆ハワイアン ハイビスカスネックレス


→ハワイ語で「神に捧げる花」という意味があるハイビスカス。シンプルで身に着けやすい一粒型お花ネックレスはプレゼントに最適!
https://www.puaally-hawaii.com/jewelry/necklace/hibiscus_NC.html

◆ハワイアン ムーンネックレス


→”安らぎ”と”優しさ”、そして”新しい自分へ・・・”といった意味がある「月」モチーフのネックレス。
https://www.puaally-hawaii.com/jewelry/necklace/moon_nacklace.html

◆ハワイアン サンネックレス


→成功したい人、自信を持ちたい人、健康になりたい人におすすめの太陽モチーフネックレス。ペアネックレスとしても身に着けられます。
https://www.puaally-hawaii.com/jewelry/necklace/sun_necklace_S.html

◆ハワイアン フィッシュフックネックレス(リバーシブルタイプ)


→幸運を釣り上げて、幸せを逃がさない。海辺で生きる人々の大切なお守りとなってくれるネックレス。
https://www.puaally-hawaii.com/jewelry/necklace/fishhook.html

◆ハワイアン ネームネックレス


→言葉には魂が宿る。自分だけの名前・大切な言葉をハワイアンジュエリーとして身に着けられます。
https://www.puaally-hawaii.com/jewelry/necklace/name_necklace.html

◆ハワイアン サーフボードネックレス


→何度もチャレンジし、乗り越えて成功を掴みとる、そんな願いが込められているネックレス。
https://www.puaally-hawaii.com/jewelry/necklace/surfboard.html


◆ネックレス(4℃)
→シンプルで可愛らしいネックレスが豊富な4℃。女性に人気のハートモチーフや、色石、クロス、ダイヤモンドを可愛らしく使っているネックレスが揃っていてプレゼント選びに人気のブランド。
http://www.fdcp.co.jp/4c-jewelry/jewelry/lineup/?ct=necklace

◆ネックレス(スタージュエリー)
→ファッションジュエリーのブランドとしても有名なスタージュエリー♡ 数多くの雑誌でも掲載されていたり、街中でお店を見かけたりとご存知の方も多いはず!
http://www.star-jewelry.com/onlineshop/c/c20/

◆ネックレス(アガット)
→その時々の女性の生き方やファッションを反映し「常に新しい物」「今までの市場に無かった物」を提案し、「時代の流れにそったジュエリー」を提供するブランド。
http://www.agete.com/collection/item?scat=necklace

◆ネックレス(アーカー)
→華奢で繊細な創りのものが多く、ひと粒ダイヤ、クロス、彫刻を施したようなものまで幅広く展開している。重ね着けしたくなるようなデザインが多く、ネックレスのコーディネートを楽しみたい方におすすめのブランド。
https://boutique.ahkah.jp/categories/necklace/

◆ネックレス(カゾクジュエリー)
→家族をコンセプトにして作られたブランド。身につける事で、お互いを側に感じ、想い出す瞬間をつくってくれる。そんなネックレスが揃っています。
http://www.shiori-nishiguchi.com/shirshi/s-necklace/index.html

◆ネックレス(ヴァンドーム)
→ベーシックなデザインが多く、その中にも知的な印象、エレガントな上品さを取り入れたデザインが多いブランド。使用している宝石の質も高く、上質な日常使いのジュエリーを提案しています。
http://vendome.jp/list_cat80.html

◆ネックレス(ポンテヴェキオ)
→「毎日をカラフルに」をコンセプトにしたブランド。価格帯は数万円のものからハイジュエリーまで幅広く展開。
生活を彩る遊び心あるジュエリーで、美しいパヴェセッティングが特徴。
http://www.pontevecchio.jp/onlineshop/products/list.php?category_id=4

◆ネックレス(ブルガリ)
→古代ローマにインスパイアされて創られたイタリアブランド。個性的なシルエットのものも多く、デザイン性の高い上質なユニークさを取り入れているネックレスたちです。
http://www.bulgari.com/ja-jp/products.html?root_level=315&product_detail_one=218

◆ネックレス(デビアス)
→ダイヤモンドを永遠と愛の象徴として広く認知させたのは、ほかでもないデビアスの功績。ダイアモンドを贅沢にあしらったデザインが目をひくネックレスたち。
http://www.debeers.co.jp/jewellery/category/necklaces

◆ネックレス(ショーメ)
→「グランサンク(5大宝飾店)」と呼ばれるほどの伝統と格式を持つフランスの名門ジュエラー。ヨーロッパの王室などを顧客に持ち、王室御用達宝石商に指定されるほどの格式高いブランド。
https://www.chaumet.com/jp/jewellery/necklaces

OTHER CONTENTS
指輪をはめる場所には意味がある
婚約指輪(エンゲージリング)の意味って?
結婚指輪(マリッジリング)の意味って

ベビーリングの意味って?