3月の誕生石コーラル(珊瑚)の秘密!

3月の誕生石はコーラル(珊瑚)

災いからあなたを守る
幸せを貴方に・・・
というメッセージが込められています。
そんなコーラルを身につけると!?

■ 最近、ついてないなぁ → 赤いコーラルで運気アップ
■ 毎日に刺激がない → オレンジコーラルでガッツをもらおう
■ 明日は大事な会議だ! → 白・ピンクコーラルで統括力を…
■ 疲れがなかなか取れない → どの色でも体力サポート・リラックス!


また、コーラルには嫁ぐ娘の身の安全・幸福を授けると言われています。大事な娘さんに贈ってはいかがですか。

記念日にコーラルを

■結婚35周年記念日
「さんご35」の語呂合わせもありますが、結婚して35年コーラルの宝石言葉「幸福・長寿」のように、これからも2人幸せに、長生きしていけるよう祈りを込めて贈ってはいかがですか。
■19歳の厄除け
コーラルには厄除け・魔除けの力があると信じられていることから、19歳の厄年に母から娘へ贈る習慣があります。嫁入り前の大事な娘を災いから守ろうと想う親心から、そんな習慣が生まれたのかもしれませんね。
■出産のご褒美・3月3日の祝い石
「さんご産後」の語呂合わせや、血=生命力をあらわすので、産後の肥立ちにいいとされ、出産のご褒美として贈られるようになったそうです。
また、海で作られるコーラル→海は女性の象徴、そこから女性の健やかな成長を祈ってコーラルを護符としていたため、3月3日・桃の節句のお祝い石として定着したんです。コーラルは女性の味方なんですね。

 

メデューサの血が海に落ちて・・・

ギリシャ神話の中のコーラルにまつわるお話を紹介します。
アルゴスの王は「美しい一人娘ダナエの子に殺される」という神託を受け、ダナエを青銅の塔に閉じ込めてしまいました。
人間の男からは隔離できましたが、残念ながら全能の神ゼウスには効果はゼロ!!ゼウスは黄金の雨に姿を変えて、塔に忍び込んだのです。その結果生まれたのが、勇敢な男の子ペルセウスでした。
怒ったアルゴス王は、ダナエとペルセウスを海に流してしまいます。2人は無事にセリポス島に辿り着き、穏やかな日々を過ごしていました。
ペルセウスがすっかり成長したある日、 ダナエに想いを寄せる島の君主が母子をパーティーに招待しました。その席上で、君主におだてられたペルセウスは「妖怪メドゥーサ (髪の毛が蛇で、彼女を見ると恐怖のあまり石になってしまう)を退治する」と約束してしまったのです。 勇敢なペルセウスは神々の力を借り、見事メドゥーサを倒しました。そして、メドゥーサの首をかかげた時に、 首から飛び散った血が地中海に落ちて、コーラルになったというわけです。
ところで、冒頭に「孫に殺される」と大騒ぎしていたアルゴス王ですが、ペルセウスが競技場で投げた円盤に偶然当たり命を落としたそうですよ。

 corae

ワインと一緒に!?

コーラルといえば、赤。赤といえば「血の赤」なので、コーラルは生命力をあらわし、災難や病気から守ってくれると信じられていたんですよ。
昔から船乗りの護符とされたり、古代ローマの兵士や十字軍はコーラルを身につけ、戦地へ向かったと言われています。
また、コーラルをワインに混ぜて飲むと病気が治るとも言われていたんですね。お守りに、治療薬に、万能な宝石だったんですね。

 

母から私へ、そして娘へ・・・

コーラルは親が子供に最初に贈ると良いと言われる宝石で、室町時代ごろの日本では、かんざしや帯止めにコーラルを加工して娘へと受け継いでいたんですよ。
英国王室では王女誕生から1年間はコーラルがベッドに置かれているそうです。子供たちの成長をコーラルが守ってくれるんでしょう。
高知県では、幼児にコーラルの数珠を持たせる風習があります。それはコーラルの「汗で曇る」という性質を使って、子供の発熱にすぐ気づけるようにするためなんでしょうね。
母親が大切に使っていたものを娘が受け継ぎ、それを自分の娘へまた受け継いでいく…物を大切にする心、そして何よりもあったかい愛情を感じますね。

 

コーラルの基礎知識

せっかく持っている宝石だもん!石のことを詳しく知って、もっともっとコーラルを好きになってください。

宝石言葉 : 聡明・長寿・幸福
和名 : 珊瑚
硬度 : 3
産地 : 赤やピンクの珊瑚は地中海・アフリカ 沿岸・紅海・マレーシアや日本の 沖合い、黒や金は西インド諸島・オーストラリア・太平洋諸島の沖合い
比重 : 2.68
結晶系 : 三方晶系
光沢 : 無光沢~ガラス状

コーラルは海の宝石と言われ、海中のさんご虫(イソギンチャク・クラゲの仲間)の塊なんですよ。
コーラルの中でも、宝石となるのは八放珊瑚(8本の触手があるから)と呼ばれる物。
よく知られているサンゴ礁は六放珊瑚と言い、柔らかいので宝石には加工できないんです。
アルジェリア・イタリアはコーラルを国石としています。それは古くから、地中海の恩恵を受け、たくさんのコーラルが産出されたからでしょう。

 

珊瑚のジュエリー・アクセサリーをお探しの方はここをクリック!

 

ガーネット

garnet

1月

アメシスト

amesisto

2月

アクアマリン

aquamarin

3月

コーラル(珊瑚)

coral

3月

ダイヤモンド

daia

4月

エメラルド

emeraldo

5月

パール

pearl

6月

ムーンストーン

moonstone

6月

ルビー

ruby

7月

ペリドット

peridot

8月

サファイア

safaia

9月

トルマリン

tormarin

10月

シトリン

sitorin

11月

トパーズ

toparz

11月

ターコイズ

tarquiz

12月

ラピスラズリ

rapisrazuri

12月

誕生石TOPに戻る

NEW EVENT

  1. ピアス

おすすめ記事

手作りで結婚指輪を作る理由は相手のことを大切に想っているから

ふたりのために、ふたりで作る手作り結婚指輪結婚指輪というと、多くの場合はお気に入りのブラ…

PICK UP BRAND

模様に意味のある人気の結婚指輪
  1. リフォームチェック5点
  2. 横浜 手作り 体験

おもしろ知識

  1. リフォームチェック5点
  2. 横浜 手作り 体験
  3. モアナと伝説の海
PAGE TOP