ジュエリーの刻印の意味について

kokuin

ジュエリーの刻印の意味について

手作りによる一点ものやオーダー品以外のほとんどのジュエリーには刻印が刻まれていると思います。

素材の刻印、ブランドの刻印、宝石のカラット数、はては結婚相手の名前や記念日まで、あらゆる情報が詰め込まれています。
ものによってはその刻印から作られた年代や作られた場所などもわかることがあります。

このページでは、ブランドの刻印や結婚相手の名前などは置いておくとして、知っておくと便利な刻印の意味をご紹介します。

まず最初に

この刻印は必ず表示しなければいけないという義務はありませんが、刻印で嘘の表示をしてはいけません。
シルバーにプラチナの刻印をしたり、18金素材に24金の刻印をしたりするのは詐欺行為となります。
熟練した職人や目利きの利く人であればある程度はわかりますが、普通の人が突然金属を見せられて、それが何の金属であるか当てろと言われたらきっとわからないと思います。
つまり偽の刻印自体が詐欺目的で行われている可能性が高いのです。
特に近頃では地金価格の上昇により詐欺行為を働いて利益を得ようとする輩が増え、それに伴い偽の刻印のついたジュエリーが増えてしまいました。

主な被害者は地金の買取業者ではありますが、一般消費者である皆様もジュエリーを購入するときは信用のあるお店で購入することをおすすめします。

素材の刻印

さて、いよいよ素材の刻印についてですが、貴金属のほとんどは「純金」だとか「純銀」といった混じりけのない純の状態だと、柔らかすぎてジュエリーなどの装飾品には向きません。
そこでほとんどのジュエリーは純な地金に他の金属を混ぜることで硬くしています。
この素材の刻印は、「金属の種類」と「その割合」を知らせるためのものです。

「割合」と書きましたが、ここであまり見慣れない記号を紹介します。
パーミル()という記号です。この記号、パーセント(%)に似ていますがちょっと違います。パーセントが100分率に対してパーミルは1000分率で、パーセントでいうところの0.1%の位まで表されています。これを頭に入れて下の表を見てみましょう。

シルバーの刻印

1000 → 1000‰ 純銀
999 →  999‰ シルバー +  1‰ 他の金属
950 →  950‰ シルバー +  50‰ 銅など
925 →  925‰ シルバー +  75‰ 銅など

おそらく一番目にする機会が多いのは「925」でしょう。

頭に「SILVER」や「STERLING SILVER」、「SV」などがついていることもありますが、意味は同じです。

kokuin3

ゴールドの刻印

K24 or 1000 → 1000‰ 純金
K22 or  917 →  917‰ 純金 +  83‰ 他の金属
K20 or  835 →  835‰ 純金 + 165‰ 他の金属
K18 or  750 →  750‰ 純金 + 250‰ 他の金属
K14 or  585 →  585‰ 純金 + 415‰ 他の金属
K12 or  500 →  500‰ 純金 + 500‰ 他の金属
K10 or  417 →  417‰ 純金 + 583‰ 他の金属
K 9 or  375 →  375‰ 純金 + 625‰ 他の金属

K18やK14はよく見かけるのではないでしょうか?
「K」とは、ゴールドの純度を表す単位で、カラット(Karat)の頭文字です。
「FINE GOLD」「999.9」という表記のものも見かけますが、これは純金、K24の金だと思っていただいて大丈夫です。

日本では「K○○」という表記が一般的ですが、外国では1000分率の数字をそのまま刻印していることもあります。750や585などはよく見かける刻印だと思います。

また金は混ぜることで色味も変えることが出来ますので、色の刻印がついていることがあります。18金ホワイトゴールドであれば「K18WG」、10金ピンクゴールドであれば「K10PG」などです。

また金のように高価な金属の場合、偽の刻印の他にも「紛らわしい刻印」も多く見られます。
その代表的なものはメッキの刻印です。

「K18GP」 これは「18金のメッキ」をしているという意味で、GPはゴールドプレーテッド(Gold Plated)の略です。この他にも

GP  → Gold Plated
GEP → Gold Electro Plated
HGE → Hard Gold Electro plated
GF  → Gold Filled
GR  → Gold Rolled
RGP → Rolled Gold Plate

などがあり、見た目の色が金色でも中身はシルバーだったり鉄だったりすることがあるのでお気をつけください。

また「微妙な刻印」というのもあります。

通常の刻印は「K18」ですが、まれに「18K」と記されたものがあったりします。これは本物であることもあるし、偽者であることもあります。特に古いものに見られる傾向があります。
さらに「18KT」と記されたものもあります。これはカラット(KARAT)の略で主に外国。日本ではほとんど見かけないと思います。

プラチナの刻印

Pt1000 → 1000‰ 純プラチナ
Pt 950 →  950‰ 純プラチナ + 50‰ パラジウムなど
Pt 900 →  900‰ 純プラチナ + 100‰ パラジウムなど
Pt 850 →  850‰ 純プラチナ + 150‰ パラジウムなど

「PLATINUM」と書いてあるものもあります。
プラチナの純度が高いものは結婚指輪や婚約指輪などに使われることが多く、850くらいのものはネックレスのチェーンなどとして使われることが多いです。
なお、850‰に満たないものは日本ではプラチナとして呼ぶことはできません。この品質に対するこだわりもプラチナが高級で人気のある所以でもあります。
ちなみにイギリスでは95%以上なければプラチナと呼ばれないそうです。すごいですね。

kokuin2

ホールマーク

日本におけるホールマーク

日本におけるホールマークとは、造幣局が打つ国家検定の刻印です。
造幣局で指輪やネックレスなど貴金属製品の分析を行い、正しい品位のものだけに、造幣局の品位証明記号を打刻しています。

造幣局の打つホールマークにはパターンがあります。
まず日本国旗のマーク。この隣に菱形に囲まれた数字。そしてプラチナであればプラチナマークです。

900pt 例・プラチナ900

ゴールドやシルバーであればプラチナマークはいらないので750などとなります。

冒頭で説明したように刻印には義務がありません。しかし上記のようにしっかりとしたところで検品され、刻印が刻まれたものならば信頼度は非常に高いものとなります。

イギリスの銀器に打たれたホールマーク

イギリスの銀器(装飾品の他にスプーンや皿など)、アンティーク品に刻印されているホールマークからは、その製品が作られた年代・作られた場所がわかるようになっています。

このホールマークがわかるとアンティークの世界が非常におもしろくなるのですが、すべてを覚えるのは至難の業なのでオススメの書籍を紹介します。

English Silver Hall-Marks
Foulsham & Co Ltd; illustrated edition版 (2004/9/30)出版
Judith Banister 編集

ハンドブック形式で持ち歩きやすく、簡単に調べることが出来るので非常に便利です。
この機会にイギリスアンティークの世界を是非ご堪能ください!

最後に

最後に、何度も言ってしまって申し訳ないですが、刻印には刻印を打たなければいけないという義務はありません。
しかしジュエリーと刻印は切っても切り離せないもので、信頼の証でもあるのです。刻印がないものにはオーダー品であるとか、一点ものであるとか、「刻印のないなんらかの理由」があるはずです。
もしオーダー品以外で刻印のないものを購入する場合、その理由をお店の人に聞いてから購入するようにしたほうがいいでしょう。

kokuin4

OTHER CONTENTS
指輪の場所には意味がある
ネックレスの意味とは?
ベビーリングの意味とは?

ジュエリー辞典TOPに戻る

NEW EVENT

  1. ピアス

おすすめ記事

知らないと損!?結婚指輪を選ぶ前に覚えておくべき3つの方法

プロポーズされて、結婚が決まって、お互いの両親にも挨拶に行ったし、式場選びもOK!それでは結…

PICK UP BRAND

模様に意味のある人気の結婚指輪
  1. リフォームチェック5点
  2. 横浜 手作り 体験

おもしろ知識

  1. リフォームチェック5点
  2. 横浜 手作り 体験
  3. モアナと伝説の海
PAGE TOP