人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

安いハワイアンジュエリーを販売できる本当の理由

PUA ALLYPUA ALLY

2017.1.27

安いハワイアンジュエリーを探している人も、そうではない人も、なぜ安くハワイアンジュエリーを販売する事ができるのか。ハワイアンジュエリーの専門店に行くと、シルバーのリングでも2万円~3万円で販売されています。それなのにハワイアン雑貨のお店でよくみかけるちょっと置いてあるハワイアンジュエリーのリングは2千円~3千円で販売されているのもあります。なぜ、こんなに大きな差がでてしまうのか?この事が気になったので東京の恵比寿にあるハワイアンジュエリーの専門店のプアアリの副店長の志村さんにお話を聞きに行ってみました。

まずはじめに、プアアリさんのハワイアンジュエリーは格安のハワイアンジュエリーに比べて随分お値段が高い事について聞いてみました。

なぜ、プアアリさんはこのような価格でハワイアンジュエリーを販売しているのですか?

志村さん:プアアリのハワイアンジュエリーをつくる工程を説明させてください。まず一つ目の理由は鍛造(たんぞう)という技法で弊社の結婚指輪やシルバーリングは作られています。鍛造とは、銀や金やプラチナの棒を職人が一本一本曲げて作りこんでいく技法です。また、プレスという方法で金属を圧縮して作っていく方法も同じ鍛造のハワイアンジュエリーの製法としてあります。

この鍛造の良い所は、強度です。金属を叩いて叩いて作り上げていくので、金属の密度が高くなり硬くなっていくのです。硬いという事は、彫り上げられた模様が長い間残り続ける理由にもなります。弊社のハワイアンジュエリーをお買い求めいただいたお客様には、ずっと使い続けてもらえるように、または、お子様にお渡しし続けられるように鍛造という技法にこだわって作っています。

そして、鍛造で鍛え上げられた彫る前の指輪を職人が1彫り1彫り全て手作業で模様を彫り上げていきます。また、プアアリの彫りは誰にでも彫れるものではないので、限られた技術を持っているエングレーバー(彫り師)しか彫る事を許されていないのです。ある一定レベルに到達して彫る事を認められた職人でも何らかの理由でプアアリクオリティーが保てない職人は、いちど彫る事をやめもらい、改善をしてもらい、厳しいチェックをへて、エングレーバーを名乗る事が出来るんです。だから、大量生産をする事もできないので、このような価格で販売させていただいています。

プアアリの鍛造について詳しく知りたい方はここをクリック

なるほど。熟練の職人がひとつひとつ手作業で作っているのであれば、格安にできない理由も少しわかりますが。それでは、格安のハワイアンジュエリーはどのように作られているのでしょうか。次の質問をぶつけてみました。

それに比べてなぜ他のお店では格安でハワイアンジュエリーを安く販売できるのですか?

志村さん:他社様の事は詳しく分かりませんが、弊社でも格安のハワイアンジュエリーを販売しようと思えば販売する事はできます。でもそれは私達のブランドを選んでくれるお客様が求めていないので、格安商品は作らないですし、取り扱ってもいないのです。

具体的にどのように安い商品が作られているのかを知って下さい。1つ目はハワイ直輸入という言葉です。よくお見かけするのはハワイに直接買い付けに行った。などもありますよね。私達の工房もハワイの伝統的な工房とは仲良く情報を交換させてもらっています。だからよく聞いているのですが・・・

ハワイ直輸入・ハワイ直接買い付けの商品だからといって、ハワイで作られているハワイアンジュエリーではない。という事を知って下さい。

どういう事なの?

中国やアジアで作られたハワイアンジュエリーを一度ハワイに持っていく専門業者もたくさんあるんです。そして、中国を含むアジア各国でつくられた格安のジュエリーをハワイで卸売りをするお店もあります。このやり方は不正ではありません。食品では産地偽装などのニュースを聞いた事があると思いますが、ジュエリーにはそのようなルールがないのが現状です。中国でつくって、ハワイにもっていき、そこで日本人のバイヤーさんが買い付けに来る。そして、日本のお客様にはハワイ直輸入!というキーワードでお勧めできるのです。一つ目の格安の理由はこの方法です。繰り返しますが、悪い事をしているのではないし、このような商品を仕入れているお店には、この事を知らない販売スタッフがいる事も不思議ではないです。

格安 ハワイアンジュエリー

つぎに、作り方にも格安の理由があります。さきほど鍛造(たんぞう)という事を言いましたが、それに比べて鋳造(ちゅうぞう)という方法でハワイアンジュエリーを大量生産する方法があるのです。簡単に言うと、型をとってコピーしていく。というイメージです。この方法だとたくさん作れるので格安に出来るのです。ただし、鍛造(たんぞう)に比べて鋳造(ちゅうぞう)の製品はやわらかい金属になってしまうのです。なんとなくイメージしてもらいたいのですが、彫刻刀で木を彫るのと、やわらかいゼリーを彫る。どちらが綺麗に彫り上げられるかを考えてみると、美しいハワイアンジュエリーは鍛造(たんぞう)で作る方が仕上がりが綺麗ですし、長年の使用にも簡単に彫り直しなどをしなくても済むのです。この話は彫る前の指輪を型をとる場合の話ですが、さらに安くする方法があるのです。

彫りあがった完成品の型をとる方法です。

この方法は職人の彫るという作業も一切なくなります。1本だけ職人に彫ってもらいその後はコピーを繰り返していく方法です。先程も話しましたが、職人を育てるのはとても時間がかかるのです。ハワイの伝統的な工房も一彫り一彫り職人が作り上げている工房では大量生産はできないので、お値段はこれらの格安ハワイアンジュエリーに比べて高くなってしまうのです。ただし、ハワイアンジュエリーを販売している人であれば、型をとってコピーした商品と手で1本1本彫り上げて作られた商品は簡単に見分ける事ができます。それくらい別物なのです。

ただし、値段を安くする為に様々な方法でつくる事は別に悪い事ではないです。でも、正しい情報をお客様に伝えないで、安く仕入れて安く売るのであればいいのですが、安く仕入れて正確な情報を伝えずに高く販売するお店やブランドがある事も知ってほしいと思います。ハワイで作っていないものをハワイで作っている。とういのは誤りですから。また、型をとってコピーした商品を手彫りといって販売するのもお客様を傷つける説明だと思います。ハワイに工房がある。と言っても正確な場所を教えてくれないブランドにも気を付けた方がいいかもしれません。

最後に一言だけ追加させてください。

格安のハワイアンジュエリーがある事は私達は良い事だと思っています。ハワイアンジュエリーの意味を知って、ハワイが大好きな人が増えてくれればと思っています。少ないお小遣いをにぎりしめてハワイアンジュエリーのネックレスを身に付ける。とても素敵な事だと思っています。私達プアアリでは大量におつくりする方法では作っていませんが、本当にながくながく使い続けてもらえるようなハワイアンジュエリーを作っているので、大切な人に一生大切にしてもらえるハワイアンジュエリーを贈りたい。そんな時にはぜひお手伝いをさせてほしいと思っています。


写真はプアアリのペアリング詳しくはここをクリック。

なるほど。

なぜ格安に出来るのかとてもよく分かってすっきりしました。格安のハワイアンジュエリーと鍛造でつくられ全てを手作業で作られるハワイアンジュエリーは、時と贈る相手によって使い分ける。という事でいい。というお話でした。志村さんありがとうございました。

伝統的な技法で作られるちょっと高級なハワイアンジュエリーをお求めの方はプアアリに足を運んでみて下さい。

特別なハワイアンジュエリーをあなたに。プアアリのWebサイトはここをクリック。

OTHER CONTENTS
失敗しないハワイアンジュエリーの選び方