人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

お役立ち情報

4割の女性が不満あり⁉ ジュエリープレゼントに関する女性の本音

jeweltownjeweltown

2020.4.26

男性から贈られるジュエリーは、女性にとって特別なもの。特にサプライズで自分好みのジュエリーを贈られたら「私のこと分かってくれてる!」とますます男性を好きになるでしょう。そう、ジュエリーを贈ることはただのプレゼントにあらず。女性側としては「どれだけ自分を理解しているか」の指標ともなるのです。しかし、某大手企業のアンケートによると、女性の約4割が男性からサプライズで贈られたジュエリーに「好みと違った」と不満を持っているのだとか。そして男性の約6割が「ジュエリー選びに自信がない」というアンケート結果も。う~ん、何とも悲しい結果ですね!そこで!今回は女性に喜ばれるジュエリーの選び方を・ジュエリーの種類 ・宝石 ・素材 ・年代別の好みの4つに分けてお伝えします。

 

1、女性が望むジュエリーの種類を選ぼう

アンケート調査によると、女性が欲しいジュエリーの種類は

1位 指輪

2位 ネックレス

3位 ピアス

となっています。

 

やはり指輪のプレゼントは女性にとって憧れですよね。サプライズで指輪を渡すなら、事前に必ずサイズを下調べしましょう。男性側が「サイズは後で直せばいいか」と適当なサイズを渡すと「私の指はこんなに太くない!」なんてトラブルに発展することも!女性は繊細な生き物です。デートでショッピングモールなどに行き、さりげなく指のサイズを確かめておきましょう。ネックレスやピアスはそういった心配がないのでプレゼントとして無難といえます。

 

2、女性が喜ぶ人気の宝石を選ぼう

ダイヤモンドの指輪

「どんな宝石を贈るか」もジュエリーを選ぶ大きなポイントですよね。

アンケート調査によると、女性に人気の宝石は

1位 ダイヤモンド

2位 ルビー

3位 サファイア

となっています。

 

やはりダイヤモンドは一番人気。希少な宝石であるダイヤモンドを贈られることで女性は「特別に想われている!」と感じるようです。愛の真剣度を表すにはぴったりかもしれませんね。真っ赤なルビーや青いサファイアと、色の濃い宝石もダイヤモンドに続いて人気が高い傾向に。また誕生石のジュエリーもプレゼントとして定番です。贈る時は誕生石の意味まで伝えられたらロマンチックですよね。女性の誕生石とその意味をチェックしておきましょう!

 

1月の誕生石: ガーネット

意味:真実、情熱、忠実、変わらない想い

 

2月の誕生石:アメシスト

意味:誠実、真実の愛、高貴、心の平和

 

3月の誕生石:アクアマリン、ブラッドストーン、サンゴ

意味:沈着・勇敢・聡明、

 

4月の誕生石:ダイヤモンド

意味:清純無垢、永遠の絆、不屈

 

5月の誕生石:エメラルド、ヒスイ

意味:幸福、幸運

 

6月の誕生石:ムーンストーン、パール

意味:健康、長寿、富

 

7月の誕生石:ルビー

意味:熱情、仁愛、威厳

 

8月の誕生石:ペリドット、サードニクス

意味:夫婦の幸福、和合

 

9月の誕生石:サファイア

意味:慈愛、誠実、徳望

 

10月の誕生石:オパール、トルマリン

意味:歓喜、安楽、忍耐

 

11月の誕生石:トパーズ、シトリン

意味:友情、希望、潔白

 

12月の誕生石:トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト

意味:成功

 

3 永く使える素材を選ぼう

3本のリング

ジュエリーを選ぶなら素材も大切。女性に人気の素材は

 

1位 プラチナ

2位 ピンクゴールド

3位 ゴールド

 

となっています。

 

永く使えるプラチナが堂々の1位ですね。実は「永く使える」がジュエリー選びのキーポイント。アンケート調査によると約8割の女性が「一生使えるシンプルなジュエリー」を贈り物として望んでいます。大好きな人から贈られたジュエリーはいつまでも身につけたい。それが女性心なのですね。ピンクゴールドは20代女性からの人気が高く、日本人の肌に合うゴールドも好評のようです。

 

4、年代に合わせたジュエリーを選ぼう

オシャレに決める女性

ファッションの1つでもあるジュエリー。ファッションが年代と共に変化していくように、ジュエリーも年代によって似合うものが変わります。例えば大きなキラキラハートのネックレス。20代女性には活躍しそうですが、30代女性はなかなかつけ辛いもの。もちろん本人の好みもあるけれど、30代女性には職場や家族行事にも着用できるシンプルなジュエリーが喜ばれます。年代別の似合うジュエリーを知って贈ることで、「良識のある人だな」と女性からの好感度も高まります。

 

20代女性に贈るジュエリー

20代といえば「自分探し」の年代。ジュエリーも自分のスタイルをまだ確立していません。職場や交友関係も変化しやすい時期なので、まずはどんな服装にでも合いそうなベーシックなジュエリーを選ぶと良いでしょう4。逆に個性的なデザインやくせのあるジュエリーは控えた方が無難です。リボン柄やハート柄、動物やフルーツのモチーフジュエリーなど人目を惹くキュートなジュエリーが似合うのも20代女性の特権。ロマンチックさや誠実さをアピールしたいならベーシックジュエリーを、カジュアルな親しみを伝えたいならキュートデザインのジュエリーがおすすめです。

 

30代女性に贈るジュエリー

20代では「可愛い」と言われたカジュアルジュエリーも、30代になるとチープな印象をもたれがち。30代になるとフォーマルな場に出る機会も増えるため、カジュアル感より質の高さが重視されます。シンプルなダイヤのネックレスや、冠婚葬祭で身につけられるパールジュエリーなどは喜ばれるでしょう。また30代の女性は自分なりのファッションスタイルを持つ人が多いです。そのため個性的なデザインよりもシンプルで合わせやすいジュエリーが人気の傾向が。記念日などの贈り物にはダイヤのネックレスやプラチナ素材の指輪を、普段の贈り物にはパールなどのフォーマルジュエリーがおすすめです。

 

40代女性に贈るジュエリー

仕事に家事、子育てに追われる40代は女性にとって一番の多忙期。ついオシャレを後回しにしがちな年代です。そんな40代女性にプレゼントするなら、身につけるだけでハッピーになるような明るめのジュエリーがおすすめ。シンプルなものやフォーマルジュエリーも喜ばれますが、40代になるとシンプルなジュエリーはひと通り持っている可能性も。いつもと違うハイブランドジュエリーや、遊び心のある個性的なジュエリーを贈ってみるのも良いでしょう。結婚記念日などの贈り物にはハイブランドやフォーマルジュエリーを、普段の贈り物には遊び心のあるジュエリーがおすすめです。

 

50代女性に贈るジュエリー

職場では年長者となったり、プライベートではフォーマルな場でオシャレをする機会が増える50代。どんなシーンでも自信が持てる「主役ジュエリー」が欲しくなる年代です。指輪やネックレスなどのプレゼントもシンプルさより華やかさがを重視しましょう。ルビーやサファイアなどカラフルな宝石や大きめのブローチなども50代女性から人気。記念日や感謝の気持ちを込めた贈り物には大きな宝石のついた存在感あるリングを、普段の贈り物には華やかなブローチなどがおすすめです。

 

60代女性に贈るジュエリー

子育てを終え第2の人生が始まる60代。女性としての経験が豊富だからこそ華奢なジュエリーでは貧相に見えてしまいます。贈り物をするなら成熟した女性にふさわしい、大ぶりでゴージャスなジュエリーがおすすめ。還暦祝いには「ルビー」「ガーネット」「赤珊瑚」など赤い色の宝石が、そして大ぶりなパールも60代女性から人気が高いです。記念日や感謝の気持ちを込めた贈り物には大ぶりなネックレスやピアス、普段の贈り物には和モダンなデザインで粋なジュエリーを贈るのもおすすめです。

 

まとめ

愛を込めたプレゼントだからこそ悩むジュエリー選び。迷った時は永く使えるシンプルなジュエリーを選びましょう。50代以降の女性には大ぶりなジュエリーも人気です。渡す時に「なぜこのジュエリーを選んだのか?」と見つけるまでのストーリーを伝えると「そんなに考えてくれたんだ!」とさらに女性の喜びが高まりますよ。