人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

お役立ち情報

ペアリングはどの指につけるといい?指ごとの意味を解説

JewelryTown

2021.10.14

ペアリングはどの指につけるのが一般的?

ペアリング 指

ペアリングを購入すると決めたものの、「どの指につければいいんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

ペアリングの代表格である結婚指輪は、左手の薬指につけるものと決まっているので、つける場所について疑問に思う人はあまりいません。

しかし彼氏・彼女とのペアリングをつける場合は、どこにつけるべきという明確な決まりはありません。

本記事では、「ペアリングは右手と左手どちらの指につけるのが一般的なのか?」「つける指ごとに何か意味は変わってくるのか?」などのペアリングにまつわる疑問に、わかりやすくお答えします。

 

結婚指輪を「左手の薬指」につける理由

ペアリング 指

結婚指輪を左手の薬指にするようになったのは、古代ギリシャ人の考え方から来ていると言われています。

当時のギリシャの人々は、「左手の薬指には太い血管が通っていて、人の感情を司る心臓までつながっている」と信じていました。そのため、左手の薬指は、人の「心」に直接作用する神聖な場所と考えられていました。

永遠の愛の証である結婚指輪は、「心から永遠の愛を誓う」「2人の愛を心を込めて守りぬく」という意味を込めて、左手の薬指につけるようになっていったと言われています。

 

恋人とのペアリングは「右手の薬指」が一般的

ペアリング 指

結婚指輪は、古くから左手の薬指につけるものとされています。では、まだ結婚していないカップルの場合、どの指にペアリングをつけるのがベストなのでしょうか。

基本的に決まりはありませんが、最近では右手の薬指につけるのが一般的です。「左手の薬指は結婚指輪にとっておきたいから」という理由で、反対の手の薬指につける人が多いようです。

ただし、左手の薬指につける人も少なくないようです。「結婚しているのと同じくらい、固い絆で結ばれていたい」という思いが感じられますね。

 

つける指によって変わる指輪の意味

ペアリング 指

指輪というものは、どの指につけるかによって、指輪の持つ意味が変わってくると言われています。

まずは右手と左手、どちらにつけるかというところから変わってきます。一言で言うと右手は「現実」を意味し、左手は「想念」を意味すると言われています。

「現実的な課題を解決したい、何かを成功させたい」という場合は右手の指に、「内面的な課題を解決したい、精神的な充実をはかりたい」という場合は左手の指に指輪をつけると、指輪のパワーが得られやすいと考えられています。

彼氏と彼女で指輪をつける位置を変えても問題ないので、お互いに願望実現へ向けてふさわしい指につけるというのも一案でしょう。

※「指輪をつける位置」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

右手に指輪をつける場合の意味

まずは右手から、指ごとに意味を解説します。

親指(サムリング)

「権威、行動力、指導力」を象徴する指です。特にリーダーシップを発揮したい人におすすめの場所。親指は、指の中でも、一番「力強さ」を表している指です。その力強さで、周囲を引っ張っていける心強い存在になりたいと願う人におすすめです。

【右手の親指はこんな人におすすめ】
・集団をまとめるリーダーになりたい
・指導者として成功したい
・会社の社長や役員などトップとして働きたい

人差し指

「集中力、行動力」を象徴する指です。実現させたい夢に向けて、集中力や行動力を身につけたい人におすすめ。恋人との関係を、今よりも一歩進めたいと思っている人にもおすすめです。

【右手の人差し指はこんな人におすすめ】
・仕事や勉強などの目標を達成したい
・恋人との関係を前進させたい
・夢を現実にするために集中力や行動力をアップしたい

中指

「直感力、行動力、邪気払い」を象徴する指です。ネガティブな運気を振り払い、良い運気を呼び込んでくれると言われています。

【右手の中指はこんな人におすすめ】
・今の状況を好転させたい
・自信を持って告白したい
・下がってきている運気をアップしたい

薬指

「安心感、リラックス」を象徴する指です。心を落ち着かせたい時や、癒されたいという人は薬指がおすすめです。

【右手の薬指はこんな人におすすめ】
・心身ともに癒されたい
・パートナーとの信頼関係を築きたい
・感性を磨いてクリエイティブな仕事がしたい

小指(ピンキーリング)

「魅力の発揮、好感度」などの意味を象徴する指です。カップルでデートをするときなど、自分をいつもよりも魅力的にみせたいときにおすすめです。

【右手の小指はこんな人におすすめ】
・自分を魅力的にみせたい
・お守りとして身につけたい
・仕事や勉強で力を発揮したい

 

左手に指輪をつける場合の意味

左手も、指ごとに意味を解説します。

親指(サムリング)

「信念、目標実現」などを象徴する指です。夢や目標を実現させたいという強い思いがある人におすすめです。

【左手の親指はこんな人におすすめ】
・仕事や勉強などの目標を達成したい
・恋人と結婚したい
・今ある困難を乗り越えたい

人差し指

「積極性」を象徴する指です。仕事でも、恋愛でも、積極的に行動し、自分の思いを実現したいときには人差し指にするのがおすすめ。「前向き」という意味も持つので、恋人との関係を一歩進めたいと思っている人にもおすすめです。

【左手の人差し指はこんな人におすすめ】
・夢に向かって一歩踏み出したい
・恋人ともっと仲良くなりたい
・仕事や恋愛にポジティブになりたい

中指

「直感力、協調性」を象徴する指です。人の気持ちやその場の空気を読み、円滑な人間関係を築きたいと願う人におすすめ。人間関係を改善してくれると言われているので、恋人と喧嘩をしてしまい、仲直りしたいというときにも。

【左手の中指はこんな人におすすめ】
・職場で円滑な人間関係を築きたい
・恋人と仲直りしたい
・コミュニケーション能力を高めたい

薬指

「愛、幸せ、願い」を象徴する指です。2人の愛や絆を深めたいと思っている人におすすめ。結婚指輪や婚約指輪をはめる指でもあり、パートナーとの愛情や結びつきを表す指です。家族運もアップすると言われています。

【左手の薬指はこんな人におすすめ】
・2人の愛情や絆をさらに強くしたい
・恋人と結婚したい
・家族と良好な関係を保ちたい

小指(ピンキーリング)

「チャンスを呼び込む、願いを叶える」などの意味を象徴する指です。チャンスがほしいときや、現状を変えたいと思っているときにおすすめです。

【左手の小指はこんな人におすすめ】
・チャンスを引き寄せたい
・恋人との関係を一歩前進させたい
・お守りとして身につけたい

 

ペアリングをつけてカップルの絆を深めよう

ペアリング 指

恋人とのペアリングをつけるとき、どの指につけるかなどの決まりはありません。結婚指輪のように左手の薬指につける人もいれば、おしゃれ感覚で華奢なリングを小指につける人もいます。

最近では、「結婚指輪をつける日まで左手の薬指はとっておきたい」という理由から、右手の薬指にするのが一般的になってきていますが、どこにつけるかは人それぞれです。

昔から、指輪には不思議なパワーが宿っていると言われており、つける指によって指輪の意味が変わるとも言われています。そのため、自分が叶えたいと思っている意味を持つ場所に、願掛けやお守りの意味で指輪をはめる人も増えてきています。

指輪の意味を参考にしながら、恋人との絆が深まるように願いを込めて、一番しっくりくると感じる指にペアリングをつけてみてくださいね。