人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

お役立ち情報

ダイヤモンドのカラットとは?婚約指輪に人気のカラット数は?

JewelryTown

2021.8.16

カラットとは「大きさ」ではなく、「重さ」を表す単位

ダイヤモンド

ダイヤモンドの「カラット」とは、ダイヤモンドなどの宝石の「重さ」を表す単位です。

「ダイヤモンドのカラット」といえば「ダイヤモンドの大きさ、サイズ」を示すものだと思っている方は、案外多いのではないでしょうか。しかしそれは誤りなのです。

カラットのほかにも、ダイヤモンドの価値を決める基準として「4C」と呼ばれる品質評価基準があります。

本記事では、「4C」や「1カラット」の意味について、詳しくご説明します。

 

ダイヤモンドの価値を決める「4C」とは

先程も申し上げた通り、「4C」とは「ダイヤモンドの品質を評価する国際基準」のことです。

  • カラット(Carat)
  • カラー(Color)
  • クラリティ(Clarity)
  • カット(Cut)

 

この4つの「C」の頭文字をとったものが「4C」。この「4C」の度合いによってダイヤモンドのグレードや値段が決まります。

グレードについては、ダイヤモンドを購入した際についてくる鑑定書に記載されています。4つのそれぞれの項目ごとにグレードが記載されており、ダイヤモンドの価値がわかるようになっています。

ダイヤモンドを選ぶ際はこの「4C」を理解しつつ、予算とすり合わせながら優先順位を決めることが大切です。

カラー(色)

ダイヤモンド カラー

カラー(色)は、ダイヤモンドの色を意味します。ダイヤモンドの色には無色透明から薄い黄色味まで段階があり、無色透明に近づくほど希少価値があるといわれています。

カラーグレードの段階は「D〜Z」まであり、最高グレードは「D」です。基本的にD〜Fが無色で位置づけされており、このグレードのものは値段も高価になります。

クラリティ(透明性)

ダイヤモンド クラリティ

クラリティ(透明性)とは、ダイヤモンドの透明度のことを意味します。もともとダイヤモンドの原石は自然石であることから、石の中に内包物(インクルージョン)やプレミッシュ(傷)が入り込んでしまいます。

内包物の有無や数、大きさ、色、場所によってクラリティのグレードが決定します。

カット(形や研磨の状態)

ダイヤモンド カット

カット(形や研磨の状態)とは、ダイヤモンドの研磨による輝きのことを意味します。

採掘されたダイヤモンドの原石は職人の手によって形が整えられます。職人の技次第でダイヤモンドの輝きの良し悪しが決まるので、ダイヤモンドを選ぶ際にはカットは重要な項目といわれています。

カットのグレードは5段階で評価され、最高グレードは「EXCELLENT」です。

 

 1カラットの重さや直径は?

ダイヤモンド カラット

ここでは、1カラットの重さや直径についてご紹介します。ダイヤモンドの1カラット(ct)の重さは0.2gで、直径は約6.4mmです。

ダイヤモンドの値段は一般的にカラット数に比例して高価になるので、0.2カラットよりも1カラット、10カラット……と値段が上がっていきます。

ただし、カラット以外の「4C」の要素やブランドによっても価格が変動するので、同じカラット数であっても値段が大きく異なることがあります。

また、中でも小粒のダイヤモンドは「メレダイヤ」と呼ばれます。メレダイヤという言葉に明確な定義はありませんが、おおむね0.03~0.2カラットくらいのダイヤをメレダイヤと呼ぶことが多いです。

メレダイヤのみを使ったジュエリーであれば、比較的手に取りやすい価格で販売されていることが多いです。

※メレダイヤの人気の理由や買取査定の実情について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

ちなみに、0.1カラットのメレダイヤを10つ使ったジュエリーと、1カラットのダイヤを1つ使ったジュエリーであれば、総カラットとしては同じですが、ジュエリーの価格は1カラットのダイヤを1つ使ったジュエリーの方が高い傾向にあります。

 

婚約指輪や結婚指輪に人気のカラット数は?

ダイヤモンド

婚約指輪や結婚指輪は「一生に一度」という特別なジュエリーだからこそ、ダイヤモンドを選ぶ人はとても多く、デザインも豊富です。

「婚約指輪を送りたいけど、適正なカラット数がわからない」「結婚指輪のダイヤモンドで人気のカラット数が知りたい」という人は多いと思います。

「ゼクシィ結婚調査2020」では、日本の婚約指輪で選ばれている最も多いカラット数は「0.2〜0.3カラット」(回答者の約30%)で、次いで「0.3〜0.4カラット未満」(回答者の約25%)となっています。

結婚指輪は基本的に、毎日身につけるものだからこそ、華美になりすぎないシンプルなデザインが人気です。その点「0.2〜0.4カラット」は結婚指輪にふさわしいカラット数であり、定番人気となっているのでしょう。

気になる価格帯について、「0.2〜0.4カラット」のダイヤモンドの指輪の場合は、30〜40万円程度が相場といわれています。ただし、ブランドによってはそれ以上となる場合も多々あります。

 

カラットの意味を知り、後悔のない指輪選びを

ダイアモンド

婚約指輪や結婚指輪でダイヤモンドの指輪を選ぶ際には、カラットはもちろん、カラーやクラリティ、カットを含めた「4C」の意味も知っておくと、クオリティの高い指輪を選ぶことができます。

一生ものの指輪だからこそ、大切な人にプレゼントする指輪だからこそ、納得のいくものを手に取りたいもの。購入時の気持ちが色褪せないように、いつまでも輝き続けてくれる最高のダイヤモンドを見つけてくださいね。

 

ハワイアンジュエリーの婚約指輪なら「PUA ALLY」

「PUA ALLY(プアアリ)」は、さまざまなハワイアンジュエリーを取り扱うブランドです。

プアアリのジュエリーの魅力は、なんといっても、深度と密度にこだわった美しい彫り。立体的で生命力あふれる模様の美しさが、常に指先を華やかにみせてくれます。

婚約指輪、結婚指輪はオーダーメイドが可能。幾通りもの組み合わせの中から、オンリーワンの結婚指輪を作り上げることができます。

プアアリ 婚約指輪 結婚指輪

ショップに併設されている工房には、職人が常駐しているので、修理・お直しの対応もスムーズです。

「一生ものだからこそ、できるだけ高品質で長く使えるものを選びたい」という方はぜひ、プアアリの婚約指輪、結婚指輪をご検討ください。きっと素敵な出会いがあるはずです。

PUA ALLY Information

ホームページ

インスタグラム

アクセス(恵比寿本店):東京都渋谷区恵比寿1-22-2