人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

お役立ち情報

手作り結婚指輪で後悔しない!よくある失敗&対策まとめ完全版!

JewelryTown

2021.10.7

手作り結婚指輪って、実際どうなの?メリット・デメリットは?

結婚指輪 手作り

結婚指輪の手作りに興味があるけれど、後悔しないか不安……。結婚指輪の手作りを検討している方の中には、そんな不安を抱える方もいらっしゃるのでは。

実際、手作りの結婚指輪には、手作りだからこその後悔や失敗が発生する可能性もゼロではありません。

そこで本記事では、「手作り結婚指輪って、実際どうなの?」ということが気になる方に向けて、手作り結婚指輪のメリットとデメリット、そして実際に手作り結婚指輪を選んだ人の感想などをご紹介します。

 

手作り結婚指輪のメリット

・他にはない世界に1つだけの指輪になる
・2人で作ったという一生の記念になる
・自分たちの好きなデザインや刻印ができる
・費用を抑えられる

手作り結婚指輪のメリットはいくつかありますが、やはり「世界に1つだけの指輪」になることが最大の魅力でしょう。形やデザインだけでなく、2人の想いや手作りの時間が刻まれた特別な指輪になることでしょう。

 

手作り結婚指輪のデメリット

・手間がかかる
・デザインの自由度が高いがゆえに、迷ってしまう可能性がある

手間がかかることやデザインの自由度が高いことは、デメリットにもなりえます。

デザインについては、ショップのサンプルを参考にしたり、スタッフさんに相談したりすることで、だんだんと自分の希望するデザインが見えてくるはずなので、そこまで重く考える必要はないでしょう。

 

手作り結婚指輪を選んだ人の感想

「最初はうまくできるか不安だったが、思っていたよりも簡単に作ることができてよかった」

「わからないところは職人さんがしっかり丁寧に教えてくれたので、安心して満足のいくものを作ることができた」

「職人さんが行う工程が多く、オリジナル感が薄れてしまってモヤモヤした」

「一生モノと思うと緊張して、楽しんで作ることができなかった」

 

手作り結婚指輪がおすすめな人

結婚指輪 手作り

手作り結婚指輪がおすすめなのは、以下のような方々です。自分たちカップルは当てはまるかどうか、よく考えてみてください。

・ブランドにこだわりがない人
・「世界に1つだけ」「オリジナル」という言葉に惹かれる人
・費用を抑えたい人
・ものづくりが好きな人
・デザインにこだわりたい人

 

手作り結婚指輪でよくある後悔ポイントと、それを防ぐ対策は?

結婚指輪 手作り

結婚指輪を手作りした際、後悔しがちなポイントと、それを防ぐ対策についてまとめました。

 

料金が想像以上に高かった

手作りにすると既製品より安く済むと思っていたのに、作ってみたら想像していたより高額を請求されて後悔したというパターンも。

ショップのホームページでは最低金額で提示されていることが多いので、必ずその価格で収まる訳ではないことを理解しておきましょう。

基本的に手作り指輪の価格は以下の内容で決まります。

  • 制作代金
  • 地金代金
  • 宝石代金
  • 装飾・刻印などのオプション代金

 

制作代金は変わりませんが、貴金属や宝石のグレード、装飾の有無によって価格が変わります。

対策としては、ショップに対し事前に予算を知らせておくことです。そうすることで、予算内でのデザインや使える宝石の種類などを提案してくれます。

また「最大でいくらかかるか」を確認してから申し込めば、後からびっくりすることもありません。

 

イメージ通りの指輪が作れなかった

「イメージ通りの指輪が作れなかった」という場合や、「デザイン画ではいいと思ったのに、実際に作ってみたらイメージと違った」という場合もあります。

対策としては、ショップごとの指輪の作り方(制作方法)を事前によく確認することです。

というのも、指輪の作り方には大きく分けて「鋳造」と「鍛造」という2つの方法があり、どちらを選ぶかによって「どういった作業を体験できるか」「どんな指輪を作れるか」が変わってくるのです。

だからこそ、自分の思い描く指輪を作れる方法でやらせてくれるショップを選ぶ必要があるということです。

以下、「鋳造」と「鍛造」の違いについて簡単にまとめましたので、自分の作りたい指輪が作れそうな方法はどちらかを考える参考にしてください。

鋳造とは

鋳造とは、ワックス(樹脂)を削って指輪の型を作り、溶かした金属を型に流し込んで作る方法です。この方法だと、かなり凝ったデザインが実現可能です。

一方で、ワックスの型を作成するところまでしか体験できないことが多いため、「自分の手で作った!」という手応えが少ないと感じる方もいます。

鍛造とは

金属を溶接したり、ハンマーで叩いたりして圧力をかけながら作る方法です。

基本的には最初から最後まで自分の手で作業ができるので、鋳造に比べると、より「自分の手で作った!」という達成感が得られるというメリットがあります。

一方で、凝ったデザインは作ることができないので、注意が必要です。シンプルなデザインの結婚指輪がほしいという方に向いている方法です。

 

ほとんどの作業はスタッフがやってしまった

手作りの結婚指輪を提供しているショップや工房では、スタッフさんが一から教えてくれ、最後までサポートしてくれます。とはいえサポートがありすぎると、自分で作業した気になれませんよね。

とにかく自分たちで作ったという手応えを大事にしたいという方は、事前に「サポートは最小限で、できるだけ自力でやらせてほしい」という意思を伝えましょう。

また手作りの手応えがほしい方には、「鍛造」という方法での制作がおすすめです。

 

凝ったデザインにしすぎてしまった

自由にデザインできるからと、うっかりあれこれデザイン要素を盛り込みすぎてしまい、やけに派手なものができあがってしまった……となる場合もありえます。

結婚指輪は毎日身につけることが多いので、飽きにくい、シンプルなデザインにするのがおすすめです。

 

アフターサービスが良くなかった

手作り結婚指輪を作ってしばらく経ってからアフターサービスを依頼したら、ショップ側が受け付けてくれなかったという例があります。

対策としては、アフターサービスがしっかり整っているショップであることを確認しておくことが重要です。

 

手作り結婚指輪を後悔したくないなら「東京指輪工房」がおすすめ!

東京指輪工房 結婚指輪 手作り

結婚指輪をどこで手作りするかは、非常に重要なポイントです。ここでは、東京・恵比寿にある「東京指輪工房」というおすすめの工房をご紹介します。

 

完全個室でゆっくり指輪作りが楽しめる

東京指輪工房 結婚指輪 手作り

東京指輪工房は完全予約制で、一組一組、個室で指輪作りが体験できます。感染予防対策も万全なのが嬉しいところ。

周囲に気兼ねせず、2人だけの特別な時間を過ごせます。

 

経験豊かな「現役」指輪職人がサポート

東京指輪工房では、現役の指輪職人であるスタッフが、最初から最後まで丁寧にサポートしてくれます。

スタッフは、自社ブランドの結婚指輪を年間100本以上制作しており、たくさんのジュエリーデザイナーを世に送り出しているジュエリースクールの講師でもあります。

さまざまな経歴を持った職人がいるので、手作り結婚指輪に関する悩みや不安など、何でも相談することができます。

 

料金のプランがわかりやすい

東京指輪工房では、「金種、幅」さえ決まれば、サイズによる金額の変動はなく、一律料金となっています(一部号数からは追加料金あり)。

金額が制作当日まで不透明な部分が多いショップが多いなか、東京指輪工房の価格説明は非常にわかりやすく、安心です。

 

作った当日に持ち帰りできる

2時間の作業後、手作りした指輪はその日のうちに持ち帰ることができます。出来上がった興奮冷めやらぬ中、出来立てホヤホヤの指輪を持ち帰れる喜びは格別です。

またオプションを追加した場合でも、基本的にはプラス1~1.5時間程度の待ち時間で、即日持ち帰りが可能とのこと。オプションを追加するとプラス数週間かかるようなショップも多いので、このスピード感は東京指輪工房ならではの魅力といえます。

 

手作り結婚指輪コース概要

東京指輪工房 結婚指輪 手作り

作れる素材

ゴールドK18(イエロー・ピンク・ホワイト)、プラチナ(Pt900)

作れる形

断面がフラットか甲丸タイプのストレートの2種類、リング幅は1.5㎜幅または2.5㎜幅から選ぶ

制作時間

2時間前後

お渡し

制作日当日

価格

・K18(YG/PG/WG)ゴールド 1.5mm¥42,350/2.5mm¥48,400 ※ 1本あたりの税込価格

・Pt900 プラチナ 1.5mm¥48,400/2.5mm¥54,450 ※ 1本あたりの税込価格

※27号以上は1号アップにつき¥1,100アップ

※オプション料金別

東京指輪工房 結婚指輪 手作り

 

一生大切にできる結婚指輪を手作りしよう

結婚指輪 手作り

結婚指輪は一生大切にしたいものだからこそ、手作りで作るという選択肢は非常におすすめです。

世界に1つだけの手作りの結婚指輪で、幸せな結婚生活を過ごしてみませんか?