人気のジュエリーからハワイアンジュエリーまで幅広い情報が集まっているサイトです。

お役立ち情報修理・リフォーム

ネックレスが回る・ずれるのはなぜ?原因や防止対策をご紹介

JewelryTown

2021.10.29

ネックレスが回り、留め具が前に来るのはなぜ?

ネックレスをつけていると、いつのまにかチェーンが回って留め具が前の方に来てしまっている、なんてことはありませんか?

なぜネックレスのチェーンが回転してしまうのか、主な原因を2つ、ご紹介します。

 

「体の歪み」が原因

気づかないうちにネックレスの留め具が前に来てしまう場合、原因はネックレスそのものではなく、体の歪みにあるという場合があります。

体の歪みは日常生活の何気ない仕草や行動によって生じます。頬杖をついたり、足を組んだり、片方の肩でバッグを持ったりしていると、知らず知らずのうちに体がどちらか左右に傾いてしまうのです。その結果、ネックレスが回転するという仕組みです。

 

「留め具が軽すぎる」ことが原因

留め具が軽すぎると、体を動かす振動で留め具も動いてしまいます。留め具は基本、軽いものではありますが、極端に軽すぎると体を動かす振動に耐えられません。

 

ペンダントトップが上にずれるのはなぜ?

ネックレスをつけていると、じりじりとペンダントトップが上がってきてしまう、なんてこともありますよね。

なぜペンダントトップが上にずれてしまうのか、こちらも主な原因を2つ、ご紹介します。

 

「ペンダントトップが軽すぎる」ことが原因

ペンダントトップが軽すぎると、後ろの留め具に引っ張られて上にずれてしまいます。留め具やチェーンの重さが重いと、上にずれたままの状態でとどまってしまうのです。

 

「なで肩」が原因

肩が下がっているなで肩の人は、ネックレスのチェーンが下向きではなく左右に広がる傾向にあるので、チョーカーのような見え方になってしまうことがあります。

 

ネックレスが回るのを防止する対策

ネックレスの留め具が回ってしまう人は、ぜひそれを防ぐ対策をしましょう。ポイントは、留め具をしっかり後ろに固定しておくこと!詳しい方法を以下でご紹介します。

 

アジャスターを使う

アジャスターはネックレスやブレスレットに使われることが多いものです。アジャスターチェーンを別で付け足すことで、留め具部分の重みが増し、位置が安定します。

 

留め具にチャームをつける

留め具にチャームをつけることで、アジャスター同様、留め具部分に重みを足すことができます。ただし、チャームが重すぎると後ろに引っ張られて、今度はペンダントトップが上にずれてくることもあるので、注意しましょう。

おすすめは、ペンダントトップとチャームのテイストやカラーを合わせること。統一感が出て、とてもおしゃれに見えます。

 

留め具を互い違いにつける

ネックレスの重ね付けをする際は、ぜひ留め具を互い違いにつけてみてください。チェーンがクロスすることにより、留め具が前に来にくくなります。

 

ペンダントトップが上にずれるのを防止する対策

ペンダントトップが上にずれるという現象も、対策すれば防止することができます!

 

アジャスターを使う

ペンダントトップが上にずれるのを防ぐ場合にも、アジャスターを使います。つける場所は、ペンダントトップ側です。ペンダントトップが軽いことが上にずれる原因のひとつなので、ペンダントトップ側に重さを持ってくることで後ろにずれるのを防ぎます。

ポイントは、チェーンの太さや大きさなどが馴染むようなアジャスターをつけることです。雰囲気が合っていないと、アジャスターだけが浮いて見えてしまいます。

 

トップよりも軽いチェーンに変える

ペンダントトップが軽く、チェーンや留め具が重いことで上にずれてしまっている場合は、チェーンを軽いものに取り替えましょう。そうすることでバランスが取れて、ずり上がってこなくなります。

 

ネックレスの回転・ズレがどうしても改善しない場合

アジャスターを使用したり、留め具部分やチェーン部分を工夫したりしてもネックレスの回転やずれが改善しない場合は、プロに依頼して対応してもらうのがベストです。

 

ジュエリー専門店で修理してもらう

ジュエリー専門店でプロの職人さんにネックレスが回ってしまうことを相談し、修理してもらいましょう。

修理方法としては、留め具の交換やネックレス本体のリフォームなどがありえます。きっと、プロがぴったりの方法を提案をしてくれるはずです。

近くにジュエリー専門店がない場合は、インターネットで修理を受け付けているショップやブランドも多いので、ぜひ気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

※日本全国のジュエリー修理対応ショップを知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

 

整体に行く

ネックレスが回ってしまう原因のひとつが「体の歪み」。プロの整体師さんに、体の歪みを改善してもらうのも一手です。

整体やマッサージは苦手という方は、まずは日々の生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。

意識して足を組むのをやめてみたり、鞄を両肩で交互に持ってみたり、首肩周りのストレッチをしてみたり、まずはセルフケアでできることから始めてみましょう。

 

ネックレスの回転・ズレの原因&対策まとめ

ネックレスが回転したり、ズレたりするのには、原因があります。しっかり対策をして、快適に首元のおしゃれを楽しんでくださいね!